FC2ブログ

セバスチャンはサッカーボールを大好きなフランクフルトと思って飛びつきます

【 再出発です.とりあえずは(仮) 】 長岡に来てアルビッレックス新潟に出会った

ハッピースタジアム

監督交代がってから一か月あまりが経ったけど,サッカーに関しては「まぁ,しょうがねぇよな」って感じで観てます.でも,何となく楽しいんだよなぁ…
先々週のホーム山口戦は試合前のEゲート前広場の雰囲気で「今日は勝ったな」って気がしたし,前節の長崎戦も現地には行かずDAZN観戦だったけど何となく楽しかった.これって,シーズン開幕当初から私は「優勝争い出来るだけの力があるチームではない」って思ってる冷めた部分がある裏返しなのかも.
ま,もちろん,選手たちが「J1昇格」を本気で目指している以上,それをバカみたいに信じて応援する気持ちも強くもってるつもりだけどさ.まだ,ワンチャンあるとも思ってるし.

是さんが「ヤジや罵声のないスタジアムにしたい」って発信してることや,「勝っても負けても観客が集まるスタジアム」って理想を改めて考えつつ,そろそろ清五郎に向かいますかね.

今日は,勝つでしょ.それも楽しい感じで.
ビールと関要さんのメンチカツ持って,長岡から電車で向かいます.
[ 2019/05/18 08:58 ] アルビ雑感 | TB(-) | CM(0)

分岐点になるかも

監督が替わっての最初の試合.今の現状はとにかく大ピンチだと思うんだけど,どうなるんだろうってワクワクする感じもある.
ってことで,味スタ行かなきゃだよね.

今後のウチの進む方向に少なからず影響があると思う今日の試合,見届けてこよう.

[ 2019/04/20 06:25 ] アルビ雑感 | TB(-) | CM(0)

社長の監督交代という決断を支持です

日曜日の夕方,完全に遅れて知ったフチさんの解任と吉永さんの就任.「へぇ~」とは思ったけどそんなにビックリしなかった.正直に言って,私は土曜日の山形戦を観終わって「こりゃダメだ」って思ってたから.

完全にここ3試合くらい,ブレまくってたと思うもん.
守備のオーガナイズにまず重点を置いて整理してくれたと思う今シーズンの入り,私は全然悪くないって思ってた.でも,点が獲れないことに痺れを切らして選手の入れ替えって安直な方法に奔って,その守備に関する大事なところの大部分を捨てちまったのは間違いないと思う.そんで,ポジトラでの形の無さや守備での疲弊などの2次的な要素が出てきて,攻撃での手段の欠如から蹴りこむだけのサッカーになってたのが,ここ3試合だったと思う.
だから,「こりゃダメだ」って,去年のおじいちゃんと一緒だって… そんな感じ.

その後,モバアルZで是さんの説明を聞いたけど,私が思ってたことと同じような説明があった気がして,そこはビックリした.
なので,私は是さんのこの決断(なのか,ある程度はシーズン前から決めてたモノか分からないけど)を完全支持です.



監督交代ブーストなんてもんには期待しちゃいないけど,好転すると良いな.選手が同じ方向見て挑める試合,それで負けても心から悔しいと思える試合が観れるように.



そんで,コレ,確信はあるんだけど迷惑掛からないようにボヤかして書くけど… この監督人事はほぼ是さんの独断で,色んなことを賭けてのアクションでしょう.
早くも追い込まれた感もあって,なんかワクワクするwww (大雪予報とか大型台風の接近とかでなんかゾワゾワするのと一緒w)

自分で自分のことをサポって言うのは大嫌いだけど,ただのファンでなくちょっとはクラブをサポートしたいなって気持ちを持つ者としては,これからもクラブの色んな仕掛けに全力で乗っかって楽しみたいなって想いが強くなってきたw

[ 2019/04/15 07:25 ] アルビ雑感 | TB(-) | CM(0)

気持ちで追いついた試合ねぇ(2019年J2-第8節 A岡山)

岡山 - 新潟
  3 - 3
得点:2'大武,7'仲間,46'イ,49'イ,73'フランシス,90+5'フランシス
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/040701/live/

年度始めでバタバタしててブログの更新をサボってたけど,前節に岡山で感じたことを思い出しながらちょっとだけ.
620.jpg

帰りの車の運転があったから飲めなかったけど,ビールがあったらサイコーだなってくらい暖かったシティスタ.本当に気持ちよかったんだけど,試合はあんまり気持ちよく観れなかったなぁ.
終盤は追いつけそうな雰囲気あったし,この試合ではセットプレーも匂いしてたから,最後のワンプレーでも「追いつける,追いつける」なんて言いながら諦めてなかった.でも,実際に同点ゴールが決まったら「やれやれ」って感じ.ホント,腐してるつもりはないんだけど,正直な感想はそんな感じ.
隣の相方と大笑いしながらハイタッチしつつも,「しょうもねぇ」って言っちゃった.ダメっすかねぇ.



終盤の30分間くらいはパワープレーっていうか,ズッと蹴りこむだけのやり方を見せられた訳だけど,それを否定したいんじゃない.現状では仕方がないんだろうなってのも理解してるし,これもサッカーの一面だって興味深く経験させてもらって楽しんでる部分もある.
でも,嫌って言うか心配なのは「選手たちはきっと,面白いとは思ってないだろうな」って.



監督のコメントでは精神論的なことしか出てこないし,是さんも「気持ちが見えた」みたいなことを強調しすぎているからか,それらを真に受けて「集中が欠けてたから失点した」「気持ちが入ってたから追いついた」みたいな話し声が今シーズンは今まで以上に大きくなってる気がする.
何か,気持ち悪いな.

もちろん,「気持ち」って奴は大事なんだけど,そればっかり選手に要求してたら選手はツマンナイんじゃないかって.逆に,モチベーションが下がっちゃう選手だっていると思う.
だって,私だったらそうだもんw
[ 2019/04/11 23:05 ] 2019年アルビの試合 | TB(-) | CM(0)

自分勝手ってことなんけど結局は下手くそってこと(2019年J2-第7節 H町田)

新潟 - 町田
  1 - 0
得点:59'凌磨
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/040305/live/

この試合,貴章がいなかったらどんな試合になってたんだろうね.
前半なんて一度もバトルに負けなかったんじゃないかな.一緒に見てた仲間とずっと「矢野さん,凄いねぇ」なんて言いながら観てたよ.ちょっと腐した言い方になっちゃうかもだけど,あまり他に見所の無い試合だった気もするし.

徹底してやってくる相手にこっちも徹底してやる.勝ちに拘った策としてウチの指揮官が選んだやり方は結果的に正しかった訳だけど,こんな試合でも守備戦術的なミスから危険な状況が生まれることが何度もあった.それを記録として残しておきたいって思う.

守備戦術的なミスなんて書き方したけど,その殆どが凌磨だと思うんだけどね.



例えば前半19分ころのこの状況.
2019-07-1-1.jpg2019-07-fig(01-01).png
© 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ) J.LEAGUE MEDIA PROMOTION,INC. J.LEAGUE ENTERPRISE,INC. J.LEAGUE PHOTOS,INC. PIA Corporation.ALL RIGHTS RESERVED.から引用

カウンター対応に高木が頑張ってくれて時間を稼いでくれたけど,まだボールは相手.

ここで凌磨は何故かボールに行っちゃう.最悪でしょ.だって,最前線では5対4の数的不利だよ.ボールと味方の状況を理解出来ていれば何も考えずに自動的にDを埋めに点線の矢印の方向に動かないといけない.コレ,戦術とか以前の話.

案の定,前にボールを入れられて危なかった.
2019-07-1-2.jpg2019-07-fig(01-02).png
© 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ) J.LEAGUE MEDIA PROMOTION,INC. J.LEAGUE ENTERPRISE,INC. J.LEAGUE PHOTOS,INC. PIA Corporation.ALL RIGHTS RESERVED.から引用

相手が合わなくて目立たなかったのかもだけど,もう1つ上のレベルだったら高確率でやられちゃうやつだったと思うよ.



もう1つくらい例を挙げると,前半21分くらいのこの状況.
2019-07-2-1.jpg2019-07-fig(02-01).png
© 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ) J.LEAGUE MEDIA PROMOTION,INC. J.LEAGUE ENTERPRISE,INC. J.LEAGUE PHOTOS,INC. PIA Corporation.ALL RIGHTS RESERVED.から引用

サイドを変えられた後で,新井がサイドに釣り出されて点線の楕円で示したスペースが出来ちゃってる.

ここで,凌磨はやっぱりボールに行っちゃう.これ,どう考えたって空いちゃってるスペースを埋めに戻る,要するにカバーリングをしないといけないでしょ.重要なことは,そこに抜けてくる相手がいるから戻らないといけないって話ではなく,味方の位置に連動してそれが自動的に出来ないと守備戦術云々のお話にもならないってこと.

で,結局はそのスペースを突いてきた相手に渡って危ない局面になりかけた.
2019-07-2-2.jpg2019-07-fig(02-02).png
© 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ) J.LEAGUE MEDIA PROMOTION,INC. J.LEAGUE ENTERPRISE,INC. J.LEAGUE PHOTOS,INC. PIA Corporation.ALL RIGHTS RESERVED.から引用

この時も相手のミスで目立たなかったけど,やっぱりもっと上手い相手だったら高い確率で決定機に持っていかれた形だと思う.



そんで更に,やらかしをしてる直後にもまだやるってところ.
上の局面では相手のミスでゴールへは向かわれなかったけど,まだサイドでオープンな2対2になってる.ここは尚紀と凌磨で敵の2人を放しちゃいけないところ.
2019-07-3-1.jpg2019-07-fig(03-01).png
© 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ) J.LEAGUE MEDIA PROMOTION,INC. J.LEAGUE ENTERPRISE,INC. J.LEAGUE PHOTOS,INC. PIA Corporation.ALL RIGHTS RESERVED.から引用

でも,やっぱり凌磨はボールに釣られて点線矢印の方向に行っちゃう.

それで,この状況になる.
2019-07-3-2.jpg2019-07-fig(03-02).png
© 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ) J.LEAGUE MEDIA PROMOTION,INC. J.LEAGUE ENTERPRISE,INC. J.LEAGUE PHOTOS,INC. PIA Corporation.ALL RIGHTS RESERVED.から引用

これも尚紀が頑張ってくれて防げたけど,これも強い相手だったら新井が釣り出されてニアが空いた状況でクロスを入れられる形になってたでしょ.



凌磨のこんなところは去年からずっと指摘してるんだけど,自分勝手な守備だって言わざると得ないって思う.でも,それは結果的に自分勝手になってるだけで,本質は分かってない,出来てないってことなんだと思うよ.オンザボールは上手くてもそれ以外は下手,守備は下手,サッカーが下手ってやつ.下手クソなんだよ.

まぁ,本当にこの試合の凌磨は良く走ってくれていたし,「ここは頼む」って対人でも何度もチームを助けてくれていたから本当に頑張っていたって思う.仮にゴールが無かったとしても,この試合の凌磨は称えられるべきだったって思う.
でも,守備のチーム戦術的にはでっかいウィークポイントになってる,完全な穴になってるよ.

さて,この町田相手の試合だったから致命傷にはならずに済んだけど,この後はどうなんだろ.
試合経験を重ねて修正されていくと良いな.マサルとかは試合中も結構言ってる感じだしね.


[ 2019/04/05 06:38 ] 2019年アルビの試合 | TB(-) | CM(0)